長谷川豊アナ降板で考える、正しい発言とは!?優等生でいなくちゃいけない?海外脱出その方法

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

あたしは、ぜんぜん好きじゃない。
長谷川豊アナウンサーのこと。
独善的だと思うから。

フジテレビのアナウンサーだった長谷川豊アナ。
でも、今回のテレビ大阪の降板はちょっとないなあと
少し思ってしまう。

意見を言ったらいけないんだろうか。

世の中の意見と、割と一致していないと
意見を言ってはいけないんだろうか。

長谷川豊アナウンサーがキャスターを務めていた、
ニュースリアルFRIDAYを降板することになったという。

その直接の発端となったのが
「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!
無理だと泣くならそのまま殺せ!
今のシステムは日本を滅ぼすだけだ!」という
ブログ。

まあ、こういった極端なタイトルをつけた
ブログ。
これだけよむと、よくないなあと思うけれど、
長谷川アナウンサーは記事を読んでもらうために
こういう風に書いたと書いている。

世の中の大勢と反対を行くようなことを書くのは、
最近もあった。
まあ、注目を集めようとするときの常套手段。
ホリエモンもよく使う手だよね。
長谷川アナウンサーは、ショーンK問題についても、
世の中のバッシングの最中でも、
ショーンさんについて擁護していた。

高畑裕太くんの事件についても、
お母さんの高畑淳子さんに
息子の性欲を聞くのは
取材者としてどうなのよ、とブーイングが持ち上がり、
相次いで取材者が謝罪していた。
そんななか、
長谷川豊アナウンサーは、ブログで、
「性欲について、取材者として質問するのは当然」と
コメントを発表。
常に、世論の反対の意見を言って
注目を集めてきたんだよね。

あたしはリアルタイムで、
生放送中にリポーターがこの性欲質問するのを聞いて、
(聞いたのは、フジテレビのリポーター)
「ないな」と思ってた。
どうして、そんなことお母さんに聞くんだろうと。
お母さんがそんなことを知るわけないのに。

非常に不愉快だった。

でもね、「性欲」について、取材者として聞かなくちゃ
って思うのは、
長谷川アナウンサーのブログを読まずとも、
仕方ないかなと思ってた。
そう、思う人もいる、っていうか、
男の人ってそうなんだろうなと思って。
自分と違う価値観というか。

放送局にとって、「正しい」意見しか言ってはいけない人しか
発言できなくなったり、
「正しい」っぽい意見しかだめで、
ちょっとそこから逸脱してしまう意見を
言っちゃいけないような雰囲気が形成されてしまうと、
ナチスみたいに、
日本で言うと、大本営発表だけ報じるというようなことに
つながるよね。

だから、今回のブログのタイトルも、
確かに傷つく人はいる。(ぜったいよくないと思う)
だけど、そういう発言をする人を隠すというのはどうなんだろう。
そこを議論をして、やっぱり間違えてました、と
思わせるほど、議論するか、
どうして、そういうことを言ってしまったのか
議論しないといけないのでは。

だから、降板させるんじゃなくて、
このことについて、番組で、徹底的に討論してほしかった。

世の中における、本当の真実は、
傷つく人がでるようなこと。
それでも、議論しなくてはいけないんだ。
前に進むために。
何の議論も巻き起こさないような
当たり障りのない意見を言ってる人しかテレビにいないから、
テレビが面白くない、というか、
進歩がない。
批判覚悟で、世の大勢とは違う意見を言う人がいて、
それはよくない、という人がいる。
それが健全じゃないかと思うんだけど、
乱暴かしら。

だから、まともなマインドを持った人は日本脱出を考えるんだよね
少しでも、普通を逸脱すると、
みんなから後ろ指を指されるから。

これじゃ、息苦しいよね。
だから、みんな日本脱出考えるんだよね。
どうしても、日本にいると、
”おんなじ”を強いられる。
許されるべき”違っていい”範囲が明確にある。

だから、あたしも、このビジネスをやろうと思ったんだと思う。
日本を脱出したいから。

旅をしながら、
世界一周しながら、暮らして生きたい。
そう思う人、
一緒に旅をしよう。
価値観を同じくする人と一緒にいたいなあと
思う、きょうこのごろです。
この国は、最近生きにくい。
そう思うのはあたしだけでしょうか。



以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Yahoo、Gmail、Hotmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
友だち追加
最近の投稿
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
アーカイブ
メタ情報
カテゴリー