ふるさと納税でママ大人気の電動自転車をゲットできる自治体とは!?

目安時間:約 3分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

ふるさと納税は2017年返礼品の家電が規制された

大人気だったふるさと納税。
競争が行き過ぎて、
取り締まられてしまった2016年度。
担当大臣は、前高市早苗総務大臣。
いろんな自治体で、特に高市氏に指摘された
家電製品を返礼品から取り下げるところが相次いだ。

なぜ、ふるさと納税返礼品で電気製品が駄目なのか?

ふるさと納税というのがもともと地方を
応援しようよ、という制度だからなんだよね。
地方を応援するために、
今、自分が住んでいる自治体ではなく、
自分が応援したいと思っている自治体に
寄付をするというのが始まり。
地方を応援する、ということに重きを置かれるべきなのに、
返礼品合戦になって、
特に地方にゆかりのない、
電気製品が、送られてしまうことは、
地方創生にとって、なんにも良くなっていない、というのが
総務省側の理由。
ま、理屈は通っているよね。

電気製品が返礼品になりうる自治体とは

でも、ふるなびでは電気製品が選べる自治体も多い。
(たぶん、他のふるさと納税ポータルサイトより多い)
これは、なぜか。
地元で電気製品を生産している自治体では、
地方創生になっているよね、という理屈。
特に、長野県飯山市のPCはとても有名。
国産コンピューター会社に頑張って欲しい人は、
ぜひ、ここに納税しましょう。
Mouseコンピューターがおうちにやって来るよ!

なかでもおすすめ返礼品は電動アシスト自転車!ゲットできる自治体は

自転車で検索すると、
こんな画面がでてくる。

はい、電動アシスト自転車が返礼品として
出てくるのは、
静岡県磐田市。
そう、YAMAHAの本拠地!
YAMAHAという一流ブランドの電動自転車がもらえるなんて!
気になる納税額は、
275000円。
下のボタンから検索してみてね!
自分が返礼できる金額も
みられるりようになってるので、
とっても便利だよー。

電動アシスト自転車って
一家に一台あると超便利!
こんなに便利だったんだーって
ゲットした友達もいってたよー。
YAMAHAの電動自転車のバッテリーは、
いろんな自転車にも採用されているもので、
クオリティも折り紙つき!
ぜひぜひゲットしてみてね!



以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Yahoo、Gmail、Hotmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
友だち追加
最近の投稿
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
アーカイブ
メタ情報
カテゴリー