リオ五輪開幕、開会式の演出はあの映画の監督

目安時間:約 3分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

リオ五輪が開幕。
開会式の演出は極秘中の極秘で進められているので
みんな楽しみだね。
あ、時々長くて退屈なのがあるけれど。
(北京五輪長かった)

ちなみに北京五輪は、開会式は100億円かかったといわれていて
大批判を浴びた。
中国とは威信をかけて、やったんだろうなあ。
日本をGDPで抜くか抜かないかの時期。
大国入りを果たしたくて派手にお金をかけたと思われる。
チャンイーモー映画監督が演出を務めたのだが、
群舞を多用し、数で圧倒した。
それに使われたのが軍の人間だったのも
批判を集めた要因になった。
チャン・イーモー氏は優しいタッチの人間模様を描く映画監督だけに
びっくりした記憶がある。
一人っ子政策を推し進める政府に逆らって、子供を一人以上作るなど、
中国にあって骨太な映画監督だったのに。
やっぱり五輪演出は大変なんだな。

で、前回のロンドン五輪
こちらも映画監督が演出した。
ダニーボイル映画監督。
あのスラムドッグミリオネア、トレインスポッティングなど
ストーリー映像ともにその時代の最先端を行く
映画を監督している。
33億円というかなりスリムな値段で
演出された。
でも中身は豪華で、ピーターパンや、アリスなど、イギリス由来の童話や神話が
ベースになっていて、
エリザベス女王やMR. BEAN、もちろんベッカム、ポールマッカートニーなど
たくさんの有名人が出演した。
これは、絶対みてほしい映画だよ。

今回は、どんな演出家と注目が集まる中、
今回も、映画監督が演出の指揮を担当。
「シティ オブ ゴッド」の映画監督
フェルナンド メイレレス氏。
リオデジャネイロ出身なんだって!
シティオブゴッドでは、リオの貧困街がテーマとして出てくる映画。
アカデミー賞に4部門もノミネートされた名作。

社会派の監督らしく、開会式は、
スタジアムで犯罪が起こる衝撃の仕掛けになっているという話なのだ!
あえて、リオの悪いところを演出することで
リオの現状を知ってもらおうという狙い。
うーん。さすが映画監督。
この開会式をみたら、映画をみたくなること間違いなしだよね。
いいことって、悪いことを出すことで際立つことが多い。
いいことだけってうそっぽいもんね。
さすが一流の映画監督はすごいな。
でも、これ、日本だったらJOCとかに却下されてるんだろうなあ。
開会式楽しみ。

開会式のは日本時間8月6日土曜日6時から11時。
生放送は8時40分からなので、
みてみてね。
まるで、映画をみるような感じのストーリーしたて。
楽しみね!



以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Yahoo、Gmail、Hotmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
友だち追加
最近の投稿
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
アーカイブ
メタ情報
カテゴリー